沖縄経由 台湾一人旅 ~五日目 帰国編~

一日目はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~一日目 沖縄編その1~ - 30代男の一人旅日記

四日目後編はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~四日目後編 台湾編その5~ - 30代男の一人旅日記

 

少し仮眠して2時に起床。
(ほとんど寝てませんw)

 

一服してからチェックアウトします。
スタッフは数時間前の日本語スタッフでした。

「チェックアウトお願いします。」
領収書を受領。
「とても良いホテルでした。」
お礼を言っておきました。

 

「タクシーを呼んでもらえますか?」
台北駅?」
「桃園エアポート」


空港までバスで行くかタクシーで行くか悩みましたが、
またあの激混みバスに乗りたくなかったのと、
バスは深夜で本数が少なく乗れなかったら面倒なので
豪華にタクシーで直接空港に行きますw

なんかネットで登録?してタクシーを手配していました。
「3分くらいで来ます」
タクシーはすぐに来ましたw

 

ホテルスタッフに行先を説明してもらい、乗車。
空港まで高速道路をひた走ります。

車内には何故かドラえもんの人形がありましたw
暇だったので運転手に絡みますw

“Doraemon?”
“Yes,Yes!”
“Japanese character.”
“Japanese...!”

会話はそれだけwひたすら待ちます。

 

空港に着きました。
広い空港なので、どこの航空会社のカウンター近くで降りるか?
みたいなことを聞かれます。
“バニラエア"
“マニラ・・?”
“Vanilla Air!”
“マ・・ニラ?”


通じませんw
相変わらず私の発音が悪いんでしょうか?w

香草航空」と書いたメモを用意しておくべきだったな・・w

 

面倒になったので、”Here,OK”と言って適当に降ろしてもらいましたw
“How much?”と聞くと、ジェスチャーで「1000」を表してくれましたw

深夜の高速を40分くらい走って1000元(約4000円)。
日本と比べると大分安いですね!

 

チェックイン開始時刻まで大分あったので
空港内を歩いてみます。

・・・

・・・

何もない空港ですねw

深夜のため飲食店やお土産屋が閉まっていたのもありますが、
それにしても何もなさすぎる^^;

空港WiFiでネットを見て時間を潰してましたw

 

4時過ぎにチェックイン開始。
また台北から那覇に飛び、那覇から静岡に帰ります。
那覇便には既に行列が出来ていました。

 

乗客のほとんどは台湾人です。
あれほど台北は日本人ばっかりだったのに、何故ここにはいないんだ?
と思いましたが、少し考えれば理由が分かりました・・w

台湾人にとって沖縄は身近な日本として、人気の渡航先なんでしょう。
一方、沖縄から台北に行く日本人は、沖縄に住んでいる人か
私のように妙な乗り継ぎをする人だけですw
大半の日本人は、成田とかから台北に行きますからねw

まぁ、そうゆうことですw

 

チェックインして飛行機を待ちます。
帰りは国内線みたいにスムーズな手続きでした。

f:id:sublunary-56:20170511223257j:plain

f:id:sublunary-56:20170511223315j:plain

いよいよ帰国。
再見、台湾。謝謝!
(さようなら台湾 ありがとう!)


再び那覇空港
とりあえず食事を取ります。

f:id:sublunary-56:20170511223335j:plain

沖縄ランチと天ぷらを頂きました。
(天ぷらは美味しくなかった^^;)

f:id:sublunary-56:20170511223353j:plain

ここのフードコートで食事するのは3度目だな・・w
軽く常連客ですw

沖縄土産を少し買って、静岡に戻りました。

f:id:sublunary-56:20170511223511j:plain


生まれて初めて飛行機の遅延に遭遇w
他の便も遅れまくってましたw

帰りの飛行機では爆睡w
(寝てなかったからなw)
気が付くと静岡にw


さて。
初めて台湾に行って感じたことをいくつか書いておきます。

 

◆とにかく日本っぽい!
街中やお店の雰囲気など、とにかく日本にそっくりです。
元々台湾は、日本人と台湾人が共同で開発した土地なので、
日本文化の影響が色濃く出ているのかな・・?

使われている文字も「繁体字」と呼ばれる、日本の漢字に近い文字なので
日本人にとって意味が分かりやすいですね。

 

◆日本語表記が多い!
駅や有名観光地などでは、中国語、英語、日本語、ハングルの4か国語が
書いてあることが多いです。
まぁ、日本でも同様の4か国語表記は都内や空港などでよく見るので、同じですね。

 

◆日本人が多い!
故宮博物院台北101、九份などの有名観光地には、
日本人がたくさんいました。
日本人にとって身近な外国であるのと、GWの旅行シーズンだったので、
まぁ当然かもしれません。

 

親日国家・・?
世界一の親日国家と言われている中華民国 台湾。
実際行ってみた印象としては・・
上述の日本っぽさや、日本語を話せる店員がたくさんいたことは
確かに親日と言えるかもしれません。

ただ、その辺の通行人などまで日本人に優しいか?と言われると
そこまでのことは感じませんでした。
何度かその辺の人に道を聞いたりする場面はあったものの、
あまり親切な人には遭遇しなかった気がします^^;
(もちろん親切な台湾人もたくさんいるとは思いますが。)


むしろ、海外に行って日本人の温かさに触れる場面が結構ありました。
海外では「日本人同士」というだけで妙な連帯感が生まれるせいかもしれませんが、
他の日本人観光客とお話ししたり、仲良くなったり出来たことはとても良い経験でした。


最後に。これから台湾に行かれる方へ少しだけアドバイス
渡航難易度はとても低いです。むしろ「ちょっと遠い国内に行く」くらいの感覚でOK。
・言葉は少しだけ英語が出来れば、まず困ることはありません。
・中国語は無理に覚えなくても良いです。「ニーハオ」と「シェイシェイ」が言えれば十分ですw(現地人とコアに交流したい場合は別ですが。)
 ちなみに、私は「旅の指さし会話帳」という旅行会話本を持っていきましたが、一度も使いませんでした。(今思えば使えば良かった場面もありましたがw)


いろいろあった一人旅でしたが、とっても楽しかったです^^


また台湾行きたいわん!!


沖縄経由 台湾一人旅 ~四日目後編 台湾編その5~

 

一日目はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~一日目 沖縄編その1~ - 30代男の一人旅日記


四日目前編はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~四日目前編 台湾編その4~ - 30代男の一人旅日記


午後になり、次なる目的地 九份(きゅうふん)へ。

九份は、日本人にとても人気のある観光スポットです。
おそらく台湾に行った日本人のほとんどが行くと思われw
台北から東に約一時間行ったところにある田舎町。

 

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われている町ですが・・
実はジブリ側はこれを公式に否定していますw
(あの映画の舞台は紛れもなく日本だ、とw)

映画の舞台かどうかはともかく、
ノスタルジックな雰囲気が魅力のショートトリップ先へ。
Let's GO!

 

f:id:sublunary-56:20170510013759j:plain

MRTで台北駅まで行き、台鐵に乗り換え。
私鉄のようなものです。

f:id:sublunary-56:20170510013826j:plain

MRTと違ってレトロな券売機。
路線図に3つずつ数字が書いてあるのは、
上から各駅停車、快速、特急それぞれの料金のようです。

切符の買い方が良く分からなかったので、
券売機のところにいた日本人客に聞きました。
行先ごとに券売機が違うそうです。分かりにくいw

九份近くの瑞芳駅までの切符を購入。
ローカル感を味わうために 各駅停車にしましたw

 

f:id:sublunary-56:20170510013854j:plain

切符。日本のと同じですね。
區間」は各駅停車の意味。

f:id:sublunary-56:20170510013920j:plain

ホームの電光掲示板。

f:id:sublunary-56:20170510013938j:plain

車内。MRTと違ってシートが日本風のフカフカシートです。

f:id:sublunary-56:20170510013956j:plain

駅のホーム。
日本の田舎町の駅とよく似た雰囲気です。

 

f:id:sublunary-56:20170510014016j:plain

瑞芳駅に着きました。
タクシー乗り場を探します。

 

タクシーに近づくと、運転手が片言の日本語で聞いてきました。
「ドコマデイクノ?」
「きゅうふん」
「205元ネー」

ちなみに「きゅうふん」は日本語の読み方で、
現地読みだと「ジォウフェン」です。
完全に「きゅうふん」で通用しましたがw

 

タクシーは山奥の道をひた走ります。
(とても運転荒かった^^;)

 

f:id:sublunary-56:20170510014039j:plain

九份に着きました。
とても山奥にあります。

f:id:sublunary-56:20170510014103j:plain

なんだか煌びやかな建物。

f:id:sublunary-56:20170510014133j:plain

f:id:sublunary-56:20170510014154j:plain

お土産物のお店や飲食店が並んでいます。

f:id:sublunary-56:20170510014212j:plain

いろんなお肉のジャーキーが売ってました。
買おうかと思ったけど、空港で「外国の肉製品は原則持込禁止
という注意書きを見たことを思い出し、断念しましたw

f:id:sublunary-56:20170510014228j:plain

台湾名物のタピオカミルクティーを頂きます。

f:id:sublunary-56:20170510014246j:plain

猪肉?のソーセージを食べました。
美味しかったなぁw

f:id:sublunary-56:20170510014308j:plain

九份名物のお芋のデザート。
ホットとアイスが選べました。
アイスにしたら氷をドバドバ入れてくれましたw

f:id:sublunary-56:20170510014331j:plain

f:id:sublunary-56:20170510014351j:plain

人がとにかく多い!

 

軽く道に迷ったので、日本人のグループ客に声をかけて
道を聞きつつ、少しお話ししていました。
旅先ではこういった交流が結構あって楽しいですね^^

 

f:id:sublunary-56:20170510014418j:plain

お寺がありました。

f:id:sublunary-56:20170510014440j:plain

お賽銭を入れて礼拝します。

f:id:sublunary-56:20170510014459j:plain

からすみが安く売っていました。
ここの店員さんも結構日本語が話せました。
一つ購入。

f:id:sublunary-56:20170510014517j:plain

展望台からの九份の街並み。

f:id:sublunary-56:20170510014534j:plain

猫のポストカードが売っていました。
猫好きなので一枚購入w

“How much?”
“Twenty dollars.・・日本人?私の写真です。"
“そうなんですか?写真上手いですね^^”
“アハハ”

f:id:sublunary-56:20170510014552j:plain

可愛い猫のポストカード。

f:id:sublunary-56:20170510014613j:plain

猫がねこんでましたw
九份は何故か猫が多いですw

 

f:id:sublunary-56:20170510014634j:plain

メインストリートのような階段を降りて、戻ろうとしますが・・
ものすごい人混みで、なかなか進みません。
こけないように注意しながら、一歩一歩進みます。
これ、将棋倒しとかになったら最悪死人が出るんじゃないか・・w

そしてとにかく日本人が多い
(と、何度も言っていますが本当に多いのですw)
体感的には半分くらい日本人だったように思えます。
ここは本当に外国なのか・・w

f:id:sublunary-56:20170510014658j:plain

(自称)湯婆婆の屋敷がありましたw

f:id:sublunary-56:20170510014722j:plain

カオナシの人形w

 

ようやく入り口に戻ってきます。

f:id:sublunary-56:20170510014752j:plain

ザ・九份

 

さて台北駅に戻ろうとしますが、
バスは大行列でとても乗れそうにありません。
タクシーを捕まえようとしたものの、
タクシー乗り場がどこなのか分かりません^^;
一体どうやって帰ればいいのか・・と悩んでいると、

 

そこに救いの手が!

「ノリアイタクシー!ノリアイタクシー!」
と呼びかけているおじさんがいました。
助かった!
「ノリアイ、プリーズ」
乗せてもらえましたw

 

7人の乗り合いで、台北駅まで一人300元(約1200円)
距離を考えると格安です。

お客は日本人4人、韓国人3人のようでした。
タクシー車内では、何故か日本の演歌が流れていましたw

 

台北駅に到着。

f:id:sublunary-56:20170510014813j:plain

夜の台北駅。

f:id:sublunary-56:20170510014831j:plain

駅の中。広いですね!

 

MRTで中山駅まで戻り、ホテルに戻ります。
ホテルで翌日の朝食を聞かれました。
この日のスタッフは日本語がかなり出来る方でした。

 

翌日は早朝便で帰国するため、朝食は食べられません。
その旨をゆっくり日本語で伝えます。
「明日は 朝食は いりません。
 私の フライトが とても早いので、 早くチェックアウトします。」
「分かりました。チェックアウトは何時?」
「2時か、3時くらい。大丈夫ですか?」
「大丈夫です。Morning call?」
「Please.」
2時にモーニングコールを頼んでおきました。

 

最後の台湾を楽しみに、寧夏夜市へ向かいます。

実はこの夜市は、滞在ホテルから徒歩一分のところにありましたw

f:id:sublunary-56:20170510014911j:plain

地元民のお祭りのような雰囲気です。
毎日こんなお祭りがあって、羨ましいw

f:id:sublunary-56:20170510014930j:plain

パチンコのようなゲーム。
当たると景品がもらえるようです。


そういえば、台北市内には
日本だとどこにでもあるパチンコ屋が一軒もありません。
後で調べたら、台北市内ではパチンコ禁止のようです。
(他の地域にはある模様)

 

f:id:sublunary-56:20170510014956j:plain

DVDが売っていました。
買おうかと思ったけど、リージョンの違いで見られない恐れがあるので、断念w

f:id:sublunary-56:20170510015015j:plain

屋台がたくさん並んでいます。

f:id:sublunary-56:20170510015031j:plain

貝のグラタンのような料理を買いました。

 

椅子とテーブルがあったのでそこで食べようとすると、
どうやらどこかのお店のための席だったらしく、
「なんか頼むの?ここは他で買ったものは持ち込んじゃダメだよ。」
といった内容を指差しで注意されました^^;

仕方ないのでちょっと離れて路上で食べることに。
貝料理はとっても美味でした^^

 

f:id:sublunary-56:20170510015052j:plain

中国にもあった臭豆腐が売っています。

f:id:sublunary-56:20170510015113j:plain

このカエルの看板はいろんなところで見ました。
チェーン店のようですね。

f:id:sublunary-56:20170510015134j:plain

台湾ギャルがフライドチキンを売っていました。
ギャルに惹かれて購入w
ノーマルとスパイシーが選べました。
スパイシーは辛そうなのでノーマルを注文w

ここのお店は、
「Hello!、ニーハオ!、???(韓国語?)」
と、3か国語で呼び込みしていましたね。
日本語もあれば完璧だったのになーw

f:id:sublunary-56:20170510015155j:plain

どでかいフライドチキン。
ケンタッキーの3倍くらいはありそうw

 

一通り夜市を満喫したので、
翌日の早朝便に備えて少し仮眠します。


5日目へ続く。

 

沖縄経由 台湾一人旅 ~五日目 帰国編~ - 30代男の一人旅日記

沖縄経由 台湾一人旅 ~四日目前編 台湾編その4~

一日目はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~一日目 沖縄編その1~ - 30代男の一人旅日記

三日目後編はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目後編 台湾編その3~ - 30代男の一人旅日記

 

台北2日目。

 

f:id:sublunary-56:20170509012407j:plain

この日の朝食はチキンの洋食にしました。

 

さて、この日は午後に九份に行くかなーくらいの
漠然とした予定しか考えていなかったので、
何をしようか考えます。

まだお土産をほとんど買っていなかったため、
とりあえずお土産を買いあさることにw

 

まずは名物のからすみを買いに、専門店へ。
ガイドブックの地図を見ると、ホテルのすぐ近くのようです。

歩き出します。

・・・

迷いましたw
相変わらずの方向音痴っぷりですw

 

ホテルに戻って、フロントのお姉さんに道を聞きます。
(地図を指さして)”I want to go to here.”
“チョットマッテクダサイ”

片言の日本語の後、ネットで調べて道を教えてくれました。
ホテルにあった地図に道を書いてもらい、再び歩き出します。

 

f:id:sublunary-56:20170509012429j:plain

ようやく見つけたからすみ専門店。

店主は日本語ペラペラでしたw
「日本語お上手ですね」と言うと、
「日本のお客様が多いので、勉強してます」とのこと。

f:id:sublunary-56:20170509012447j:plain

からすみ。1個600元(約2400円)
二つ買いました。

 

一度ホテルに戻り、部屋にからすみを置いてきます。
フロントを通ると、お姉さんに声を掛けられました。
“Did you buy this?”(これ買ったの?)
“I got.Thank you.”(買えたよ。ありがとう。)

 

再び外へ。
お金が少なくなってきたので、もう少し両替します。

f:id:sublunary-56:20170509012531j:plain

銀行。字がそのままなのですぐに分かりましたw

中に入って、
“Exchange money,please.Japanese yen,OK?”
などと伝え、一万円札を渡します。

銀行マンはとても流暢な英語で話してきたため、
何言ってるのか良く聞き取れませんでしたw
おそらく「今日のレートだと〇〇元になるけどいい?」
みたいなことを言っていたと思いますw
パスポートを提示し、サインして完了。


そういえば台湾名物の小籠包をまだ食べていません。
ガイドブックで調べた小籠包のお店へ。

f:id:sublunary-56:20170509012556j:plain

MRT東門駅へ移動。

 

ガイドブックに載っていた名店らしきところは
80分待ち」などと表示されていましたw
そんなに待っていられないので、その隣にある空いているお店へ。

f:id:sublunary-56:20170509012619j:plain

ここもガイドブックに載っていました。

f:id:sublunary-56:20170509012640j:plain

小籠包10個入りを注文。
蒸しあがるのに時間がかかるため、結構待たされました。

f:id:sublunary-56:20170509012700j:plain

ここでも台湾ビールw

 

ゆっくり食べてお店を出ます。美味しかった^^

 

f:id:sublunary-56:20170509012728j:plain

近くにあったパイナップルケーキのお店へ。
ここの店員さんも日本語ペラペラでしたw

f:id:sublunary-56:20170509012743j:plain

いくつかお土産を買います。

 

続いてMRTで移動し、中正紀念堂へ。
初代中華民国総統蒋介石を祀った施設です。
なお中正とは蒋介石の本名のようなもの。

歴史的背景からはいろいろ批判もある施設のようですが、
有名観光スポットなのでチェックしておきます。
毎正時に行われる衛兵交代の儀式が見ものとのこと。

f:id:sublunary-56:20170509012806j:plain

f:id:sublunary-56:20170509012822j:plain

劇場と音楽堂
(どっちがどっちか分かりませんでしたw)

f:id:sublunary-56:20170509012904j:plain

中正紀念堂を遠方から。

f:id:sublunary-56:20170509012922j:plain

中には蒋介石の大きな銅像があります。

f:id:sublunary-56:20170509012942j:plain

両側には衛兵さん。
1時間こうして直立不動で立ち続けるそうです。
あまりに動きがなさすぎて、マネキンだと言われても信じるかもw
私には絶対出来ませんw

f:id:sublunary-56:20170509013008j:plain

時間になり、3人の衛兵さんが奥から出てきます。
交代要員が2人と、一人は司令官かな?

ロボットのように正確な動きで行進していました。

片足上げて、少し待って、一歩踏み出し、また片足上げて・・
この人たちは本当に人間なのか?と思えてくるくらい
動きが正確ですw
あぁ、人って一歩踏み出す時には重心が少し前に傾くんだな・・
と、そんな事を考えながら見物していましたw

f:id:sublunary-56:20170509013118j:plain

銅像の前で敬礼し、交代します。

f:id:sublunary-56:20170509013136j:plain

戻るときももちろん正確な動きで退場。

この衛兵交代儀式は、もちろん軍事的な儀式ではあるものの
現在では観光用のパフォーマンスとしての側面もあるようです。


さて、一通り見物したので、一旦ホテルに戻ります。

f:id:sublunary-56:20170509013204j:plain

お土産を買うためにホテル近くのお茶屋さんへ。

f:id:sublunary-56:20170509013229j:plain

何種類かお茶を試飲させてもらいました。
ここの店員さんも日本語ペラペラでしたw

 

f:id:sublunary-56:20170509013249j:plain

コンビニで謎の炭酸飲料を購入w
あちこちに売ってる、人気の飲み物のようですね。
飲んでみると・・・

ドクターペッパーにそっくりな味がしましたw
(もっと薬っぽいかもw

日本ではあまり売ってないドクターペッパーですが、
台湾では大人気のようですね。(厳密には違う飲み物だけどw)

 

ホテルで一休みして、次なる目的地 九份へ。

 

四日目後編へ続く。

 

沖縄経由 台湾一人旅 ~四日目後編 台湾編その5~ - 30代男の一人旅日記

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目後編 台湾編その3~

一日目はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~一日目 沖縄編その1~ - 30代男の一人旅日記

三日目中編はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目中編 台湾編その2~ - 30代男の一人旅日記

 

故宮博物院から次なる目的地、台北101へ向かいます。

バス停を見てみますが、随分待たないといけないようです・・w
早く行きたいので、今度はタクシーでMRTの駅まで行くことに。

f:id:sublunary-56:20170508011506j:plain

台湾のタクシーは全て黄色です。

 

最寄駅はMRT士林駅
用意してきたメモ用紙に、「MRT 士林」と書いて、
タクシーの運転手に渡しました。
(海外では、いざとなったら「筆談」が最強ですねw)

f:id:sublunary-56:20170508011529j:plain

士林駅に到着。
ここから台北101駅へ。

f:id:sublunary-56:20170508011549j:plain

台北101を見上げます。

f:id:sublunary-56:20170508011608j:plain

入り口。母の日って台湾にもあるんですねw

f:id:sublunary-56:20170508011626j:plain

ドリアンが売ってました。実物を初めて見たw

f:id:sublunary-56:20170508011644j:plain

大きいラウンドモニターがありました。

f:id:sublunary-56:20170508011709j:plain

展望台へのチケットを買います。
当然のように日本語案内もありますw
600元(約2400円)・・スカイツリーの展望台も同じくらいだったかな?

f:id:sublunary-56:20170508011729j:plain

(かつての)ギネス記録のエレベーターに乗ります。

f:id:sublunary-56:20170508011748j:plain

エレベーター内の表示。高さとか速度が分かります。
あまりに速いため、飛行機に乗った時のように
気圧差で耳が痛くなりましたw

f:id:sublunary-56:20170508011810j:plain

展望台から大都会台北を見下ろします。
東京の風景とあまり変わらないな・・という印象w

 

日本人客がたくさんいました。
その辺の人に頼んで、自撮りもしてもらいましたw
(ここには載せませんがw)

f:id:sublunary-56:20170508011832j:plain

更に階段を上がって、屋外展望台へ。
外に出られるんですね。ビックリしましたw

f:id:sublunary-56:20170508011853j:plain

屋外展望台から。

f:id:sublunary-56:20170508011910j:plain

カフェで名物のマンゴーかき氷を頂きました。

f:id:sublunary-56:20170508011932j:plain

お土産屋さん。

f:id:sublunary-56:20170508011952j:plain

自分用のお土産を買いました。栞とトランプ。

 

満足したので地上に降り立ちます。
下りエレベーターは大行列でした。
そして日本人が多いw

f:id:sublunary-56:20170508012013j:plain

地上の案内板。

f:id:sublunary-56:20170508012033j:plain

入り口にあった変なモニュメントw


夕方になってきたので、この日最後の目的地、
士林夜市へ向かいます。
再びMRTに乗り、剣潭駅へ。
(士林駅ではないんですねw)

f:id:sublunary-56:20170508012055j:plain

駅前のセブンイレブン
日本と同じでどこにでもありますw

f:id:sublunary-56:20170508012118j:plain

ちなみに台湾では歩行者信号に残り時間が出ます。
分かりやすい!

f:id:sublunary-56:20170508012139j:plain

駅から少し歩いて、士林夜市の入り口みたいなところに到着。

f:id:sublunary-56:20170508012201j:plain

お土産もののお店が並んでいます。

f:id:sublunary-56:20170508012223j:plain

お腹が空いたので地下のフードコートへ。

f:id:sublunary-56:20170508012244j:plain

たくさんの飲食店が並んでいます。
どこで食べようかなーと考えていると・・

「オニーサン、ヤスイヨー」
などと片言の日本語で呼び込みがかかり
流れでそこで食べることにw

f:id:sublunary-56:20170508012306j:plain

メニューは日本語も書いてあります。
店員さんも日本語が少し分かりました。
「これと、これと、これ、あとビール」
日本語で伝えますw

f:id:sublunary-56:20170508012324j:plain

アワビのお粥と天ぷら、水餃子を頂きました。(ビールもw)

 

黙々と食べていると、横にいた女性に声を掛けられました。

「日本人の方ですか?」
「あ、ハイ、そうです!」
「ここのお店は、日本人っぽい人を呼び込んでるみたいですねー」
「ホント、なんで日本人って分かるんですかねw」

 

以前に中国に行った時にも感じましたが、
海外の観光地の店員は、何故か日本人を見分ける能力に凄まじく長けていますw

微妙な顔つきの違いとかで判別出来るんだろうか・・w

 

こちらの女性も一人旅で来ているとのこと。
二日後には台湾人の友人と会うと言ってました。スゴイ!

バスに乗って故宮博物院に行ったって話をしたら、
なんか驚かれましたw
バスは難易度高いのかな・・?そうでもなかったけどw

 

女性とお話ししながら食事をした後、
「良かったらこの後一緒にちょっと周りませんか?」
と誘い、しばしご一緒することにw

f:id:sublunary-56:20170508012353j:plain

ここが本当の士林夜市の入り口のようですw
事前にガイドブックで見たところをやっと見つけましたw

f:id:sublunary-56:20170508012414j:plain

豚さんが丸焼きにされていましたw

f:id:sublunary-56:20170508012433j:plain

カフェのようなところで、マンゴージュースを頂きます。

f:id:sublunary-56:20170508012455j:plain

メイソウ。語呂的にダイソーのパクりか・・?w

f:id:sublunary-56:20170508012519j:plain

ちなみに本当のダイソーもありましたw

 

女性と駅でお別れし、ホテルに戻ります。

MRT中山駅を降りて、ホテルへの道を探しますが・・・

 

迷いましたww

 

ともかく早く帰りたいので、タクシーを捕まえます。
ホテルの住所が書かれた紙を見せて、
“This hotel,please.”
と伝えますが・・・
“Sorry,I don’t...aha..”

 

行ってしまいましたw

 

なんだアレ?wひょっとしてタクシーじゃなかったのか・・?
いやいや黄色だし「空車」とか書いてあったし、タクシーだろw

要するに、「言葉分からないからちょっとゴメン」といったところでしょうか・・w

 

別のタクシーを捕まえ、念のために確認します。
“Is this a taxi?”
“Ah,yes?”
“This hotel,please.”

そういえば台湾のタクシーは、日本のように自動でドアが開きませんね。
乗っていいのかちょっと不安になりますw

ほぼ初乗り料金の75元で、ホテルに到着。

f:id:sublunary-56:20170508012543j:plain

コンビニで買った台湾ビールを飲んで寝ましたw


四日目前編へ続く。

沖縄経由 台湾一人旅 ~四日目前編 台湾編その4~ - 30代男の一人旅日記

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目中編 台湾編その2~

一日目はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~一日目 沖縄編その1~ - 30代男の一人旅日記

三日目前編はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目前編 台湾編その1~ - 30代男の一人旅日記

 

台北で起床。
とりあえず朝食を頂きます。

フロントに行くと、
“Good morning.Breakfast?”
朝食券を出します。

f:id:sublunary-56:20170507202457j:plain

朝食は「早食」って言うんですね。

“Have a seat.”
その前に一服したい・・w
“After smoking.”
“OK!”

 

席に着いてしばらく待ちます。

f:id:sublunary-56:20170507202535j:plain

台湾風の朝食。
野菜がメインのおかずと、お粥。
真ん中の白いのはパンでした。

飲み物は緑茶(Green tea)を頼んだはずでしたが、
なんか紅茶のような味でした。
そういえば、"With sugar?"(砂糖入れる?)と聞かれましたね。
いやいやいや緑茶に砂糖入れないだろう・・と思いましたが
この味なら砂糖入りでも良かったかもw

f:id:sublunary-56:20170507202554j:plain

ホテルの食堂はカフェも兼ねています。

f:id:sublunary-56:20170507202611j:plain

果物とお酒が売ってました。

 

出発まで少しゆっくりします。
ホテルの横にセブンイレブンがあったので、入ってみました。

f:id:sublunary-56:20170507202639j:plain

f:id:sublunary-56:20170507202659j:plain

・・・普通に日本製品が日本語のまま売られています。
ここは本当に外国か?w

f:id:sublunary-56:20170507202726j:plain

お弁当なんかは結構違いますね。

f:id:sublunary-56:20170507202746j:plain

セブンイレブンの前にあったガチャガチャ。
全て日本のものでしたw

 

f:id:sublunary-56:20170507202811j:plain

台湾のお金。正式には台湾ドルですが通称は「元」
2017年5月時点のレートで、1元=約3.8円。
1000元札、100元札、10元硬貨を良く使いました。
たまに500元札、50元硬貨も。
2000元札とかもあるみたいですが、お目にかかれなかったなー。

 

f:id:sublunary-56:20170507202843j:plain

泊まったホテル。

f:id:sublunary-56:20170507202929j:plain

ホテルの前の道。すごく日本っぽいですw

f:id:sublunary-56:20170507203017j:plain

ホテル前にあった案内地図。
日本語も併記されています。

 

さて、この日の目的地 故宮博物院に向けて出発します。
おそらく台湾に行った日本人の多くが訪れるであろう、
ベタな観光地ですねw

f:id:sublunary-56:20170507203050j:plain

途中で見かけた台湾美女の広告。
調べたら女優さんでした。

f:id:sublunary-56:20170507203122j:plain

今回の旅のメインステーション、
MRT(地下鉄)中山駅です。

f:id:sublunary-56:20170507203148j:plain

路線図。地下鉄の規模は名古屋くらいかな?
今回は主要路線の「淡水信義線」しか乗りませんでした。

路線の色と略号が一致していて、分かりやすいですね。
赤色の路線はR(Red)
緑色の路線はG(Green) みたいな。

f:id:sublunary-56:20170507203215j:plain

券売機。日本語ガイダンスも選べました。

f:id:sublunary-56:20170507203238j:plain

これが切符。乗るときはこのコインをSuicaみたいにピッとやります。
降りる時には回収。

f:id:sublunary-56:20170507203301j:plain

駅のホーム。

f:id:sublunary-56:20170507203319j:plain

ホームにあった釜山旅行の広告。
台湾人にも韓国旅行は人気なのかな?

MRTに乗って西門駅へ。
地下鉄内の雰囲気は日本と変わりません。

f:id:sublunary-56:20170507203521j:plain

日本と同じく優先席があります。

 

西門駅を出て、故宮博物院行きのバス停を探します。
たくさんあってめっちゃ迷いましたが、なんとか到達。

f:id:sublunary-56:20170507203542j:plain

バス停。

 

バス代は乗るときに15元支払い、
長距離の場合は降りる時にも15元支払います。
たった30元(約120円)でかなり遠くまで行けるので、激安!
同じ距離を日本で乗ったら、800円くらいするかも?

 

さてバスを待ちますが、財布の中を良く見ると
5元コインなんてありません^^;
10元コインは3枚持ってるけど、これで大丈夫なのかな・・
両替した方がいいのかな・・とか考えているとバスが来てしまいましたw

・・・まぁ、何とかなるだろうと考えて乗り込みますw

乗るときに20元支払います。おつりは出ません。

f:id:sublunary-56:20170507203617j:plain

バスの車内。

f:id:sublunary-56:20170507203643j:plain

バスの車窓から。途中で日本のすき家や和民も見かけました。

 

50分くらい走って、故宮博物院に到着。

降りる時にはさらっと10元支払いました。

・・・それで大丈夫でしたw

というか、ほとんどのお客がSuica的なもので払っているので、
現金はチェックすらしてないように思えました・・w

 

f:id:sublunary-56:20170507203725j:plain

故宮博物院入り口

f:id:sublunary-56:20170507203750j:plain

建物を遠方から。

f:id:sublunary-56:20170507203813j:plain

チケット売り場。
日本語の音声ガイド機が有料で借りられるので、
せっかくなので借ります。

 

“Japanese guide,please.”
と言うと、日本語で対応してくれましたw
パスポートと引き換えに音声ガイドを借ります。
結構厳しいなぁ^^;

 

f:id:sublunary-56:20170507203850j:plain

音声ガイド。大きいiPodのような機械でした。

f:id:sublunary-56:20170507203910j:plain

パンフレットは各国語を取り揃えています。

 

中に入ろうとすると、セキュリティチェックのようなところに通されました。
“I have one question.Do you have a lighter?”
(一つ質問。ライター持ってますか?)
“Yes,I have.”
(持ってます。)
ライターを取り上げられましたw

 

音声ガイドの説明を聞きながら、展示物を見て回りました。
故宮博物院は、博物館では珍しく 撮影自由です。

 

以下展示物ダイジェスト。

f:id:sublunary-56:20170507204301j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204322j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204342j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204443j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204515j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204547j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204624j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204645j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204703j:plain

f:id:sublunary-56:20170507204738j:plain

 

f:id:sublunary-56:20170507204807j:plain

一押し展示の翠玉白菜
ヒスイを削って作った白菜です。

f:id:sublunary-56:20170507204838j:plain

上にはキリギリスがいますw

 

f:id:sublunary-56:20170507205530j:plain

これも有名なやつ。

何世代もかけて削り続けたとかなんとか・・w

 

大体見物したので、外に出ます。
お腹が空いたので、博物院のレストランで食事を頂きました。

席への案内が良く分からず戸惑いましたが、なんとか注文。

f:id:sublunary-56:20170507205634j:plain

台湾料理セットのようなものを頂きました。

f:id:sublunary-56:20170507205653j:plain

ついでに台湾ビールもw

 

最後にショップを見ます。

f:id:sublunary-56:20170507205716j:plain

あの白菜のお土産がたくさん売られていました。

f:id:sublunary-56:20170507205736j:plain

日本人コーナーもあります。

f:id:sublunary-56:20170507205829j:plain

ベタなお土産を買いましたw(自分用)

 

f:id:sublunary-56:20170507205802j:plain

外ではおじさん達が修行(?)してましたw

 

ここから次なる目的地 台北101へ・・

 

三日目後編へ続く。

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目後編 台湾編その3~ - 30代男の一人旅日記

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目前編 台湾編その1~

一日目はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~一日目 沖縄編その1~ - 30代男の一人旅日記


二日目はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~二日目 沖縄編その2~ - 30代男の一人旅日記

 

バニラエアの深夜便で沖縄から飛び立ち、
1時間20分ほどで台北 桃園国際空港に到着!

 

那覇から西に630km。石垣島からなら280km。
日本最西端の与那国島からは僅か110km。(無駄に調べたw)
本当に近い外国ですね。
入国カードを記入して、バニラエアのしょぼい機内誌を
ぼーっと見てたら着きましたw

 

機内から見た台北の夜景は、
なんかオレンジ色の光がやけに多かった気がします。

 

f:id:sublunary-56:20170507020455j:plain

 

f:id:sublunary-56:20170507020511j:plain

 

f:id:sublunary-56:20170507020528j:plain

が、外国だぁ・・(感動w

 

まずは入国手続きを済ませます。

カウンターがいっぱいあってどこに行けばいいのか・・w

f:id:sublunary-56:20170507020620j:plain

NON-CITIZEN・・・多分コレでしょう・・w

 

深夜なのにすごい行列です。
しばらく順番を待ちます。
他の乗客のパスポートをチラ見すると、
何故かマレーシア人が多かった気がしますw

 

カウンターでパスポートを提示し、
指紋をピッとやったら入国手続き完了。

 

続いて手荷物受取のターンテーブルへ。

f:id:sublunary-56:20170507020640j:plain

バニラエアは香草航空っていうんですね。
なんかオシャレ!w

 

f:id:sublunary-56:20170507020711j:plain

空港内の自販機。
普通に日本のカルピスウォーターが売ってましたw

 

続いて日本円を台湾ドルに両替。
両替所で3万円を出し、
"Exchange money,please."(両替お願いします。)
パスポートの提示を求められました。無事完了。
3万円が7000元くらい?になりました。

 

f:id:sublunary-56:20170507020738j:plain

台北駅行きのバスチケットを買います。
日本語の案内もありました。
"To Taipei station,one tichet please."(台北駅行き、1枚お願いします。)
確か125元(約500円)です。

 

f:id:sublunary-56:20170507020802j:plain

國光客運の1819路線。
空港と台北駅を繋ぐ、メインバスです。
24時間運行。

 

バス停では長蛇の列が出来ていました^^:
とりあえず後ろに並びますが、
あまりにも行列が長すぎて、本当にこの列が
全部台北行きの乗客なのか不安になってきて・・
前にいた人に聞いてみます。

"Excuse me,this line is to Taipei station,right?"
(すみません、この行列は台北駅行きですよね?)
"・・・??"

全く通じませんw

まぁ、そりゃあそうですよね。
日本でも、突然外国人に英語で話しかけられて
まともに応答できる日本人がどれだけいるか?ってのと同じです。

前の乗客はおじさんと小学生っぽい子の二人組でした。
小学生は英語を習い始めなのか、聞き取ろうとしてくるので
"I want to go to Taipei station."(台北駅に行きたい。)
と必死に伝えようとしますが、
"・・I don't know."(分かりません。)
と言われてしましました^^;

私の英語の発音が悪すぎるんでしょうか?w

 

と、そこで救いの手が!
「多分そうだと思いますよ」

後ろにいた若者が日本人だったようですw

「この行列って、全部台北駅行きの人たちなんですかね?」
「そうみたいですね。もう何人か集まればタクシーで行こうかと考えてるんですが・・」
正直、多少お金かかっても早く台北駅に行きたいっすw

 

若者とお話ししながら結局バスを待ちましたw
彼は千歳から一人旅で来ていて、なんか出会い系サイト?で
台湾女性と出会うのが目的だそうです・・w
はぁ、頑張って下さい・・w

しばらく待ってようやくバスに乗れました。
深夜なのに何便もバスがあることには感心w

 

f:id:sublunary-56:20170507020848j:plain

バスの車窓から。

 

台北駅に着きました。
先ほどの若者と、ホテルまでタクシーで行こうか?と話し合い
一緒にタクシーで行くことに。

若者とは違うホテルだったものの、
なんか流れで私の滞在ホテル前まで行ってもらえましたw
若者とはそこでお別れ。

ホテルにチェックインします。
"ニーハオ!Check in,please!"(チェックインお願いします。)
"OK! Let me see your passport.So tired?"(パスポート見せて下さい。疲れた?)
"Yes...Sorry to so late.."(はい・・遅くなってすみません。)
"Aha."(ハハw)
こんな感じのやり取りの後、英語でホテルの説明を聞きました。
いかにもノンネイティブな英語で、とても聞き取りやすかったですw

朝食はどれにしますか?的なことを聞かれてメニューを見せられます。
かなりたくさんの種類から選べるようです。
日本みたいにバイキング形式じゃないんですね。(ホテルによるのかも)

たくさんあって迷うので、オススメを聞いてみます。
"Which is your recommend?"(お勧めはどれですか?)
"・・??"
やっぱり通じませんw

後でよく考えたら、これ文法的におかしいですねw
"Which is your recommendation?" か
"Which do you recommend?"が正しかったのかな・・

いや、それ以上に、
私の"recommend"の発音が悪すぎたのが大きな要因かもしれませんww

台湾料理的なものを適当に選びました。

 

f:id:sublunary-56:20170507094900j:plain

エレベーターで上がると、壁に何故か日本語が書かれていましたw

 

f:id:sublunary-56:20170507020913j:plain

ホテルのお部屋。結構良い感じのお部屋でした。
ダブルベッドの部屋に一人で泊まりますw
海外では、「一人いくら」ではなく「一部屋いくら」が基本なので
二人で泊っても同じ料金みたいですね。

 

f:id:sublunary-56:20170507020943j:plain

トイレも綺麗です。
流すのはどうするんだ??と迷いましたが、
日本のレバーと違って上のボタンを押すようですw

 

f:id:sublunary-56:20170507021004j:plain

照明の点灯・消灯はタッチパネル式でした。ハイテク!

 

f:id:sublunary-56:20170507021038j:plain

コンセントは様々な形のものが挿せます。
もちろん日本のやつもそのまま挿せます。
USB給電まで出来るようです。

 

とりあえずタバコが吸いたい・・ホテル内は全面禁煙の雰囲気です。
どこか吸えるところあるのかな?フロントで聞いてみます。

"Can I smoke anywhere?"(どこかでタバコ吸える?)
"Outside! Outside!"(外!外!)

外なら良いらしいですw

 

一服してから就寝。本当に疲れましたw

 

三日目中編へ続く。

 

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目中編 台湾編その2~ - 30代男の一人旅日記

沖縄経由 台湾一人旅 ~二日目 沖縄編その2~

一日目はこちら

沖縄経由 台湾一人旅 ~一日目 沖縄編その1~ - 30代男の一人旅日記

 

沖縄二日目。
この日はレンタカーを借りて観光します。

前日飲み過ぎたために起きるのが遅くなりましたw
レンタカー屋に少し遅くなる旨を電話で伝えて、出発します。

再びゆいレールに乗り、レンタカー屋近くの小禄駅へ。
地図を見ながらレンタカー屋を探しますが・・
道が良く分かりません><

どこにあるんだよーーーと迷いながら適当に歩いてたら・・
偶然辿り着きましたwラッキーww

f:id:sublunary-56:20170506172220j:plain

レンタカーはVitz。綺麗な車でした。

ラジオを付けると、何故か英語の番組が流れてました。
在留米軍向けとかなのかな?

まずは、世界遺産 首里城に向けて出発します。
沖縄は(ゆいレール以外)鉄道が存在しないので、
車がものすごく多いですね。
鉄道の代わりにバスが発達しているせいか、
バス専用通行帯がいたるところにあります。

那覇市内の道は車が多いのに加え、
道幅も狭く、道が入り組んでいるため
すごく運転しにくかったですね^^;

まぁ、静岡の田舎道に慣れてるせいもあるので
他の小都市でも似たような感じかもしれませんがw

車を走らせ、首里城公園にたどり着きます。
駐車場は時間無制限で500円でした。

f:id:sublunary-56:20170506172251j:plain

2000円札にも描かれている守礼門です。
「之」の字が剥げているのは、あえて修復しないんでしょうね。

f:id:sublunary-56:20170506172311j:plain

案内地図。かなり広いです。

f:id:sublunary-56:20170506172328j:plain

ザ・世界遺産

f:id:sublunary-56:20170506172354j:plain

途中にあった門。

f:id:sublunary-56:20170506172409j:plain

日影台。日時計のことらしいです。

f:id:sublunary-56:20170506172426j:plain

日影台からの眺め。

f:id:sublunary-56:20170506172447j:plain

ここから本殿に入ります。

f:id:sublunary-56:20170506172527j:plain

お茶屋さんがあったのでお茶を頂きました。
さんぴん茶琉球菓子のセットで310円。
お茶はお代わり自由w

f:id:sublunary-56:20170506172545j:plain

玉座的なものがありました。
座って写真を撮ることも出来ます。
(撮らなかったけどw)

f:id:sublunary-56:20170506172603j:plain

正殿の構造模型。

f:id:sublunary-56:20170506172625j:plain

正殿は改修中でした。残念w

f:id:sublunary-56:20170506172646j:plain

昔はこのように王様を讃えていたそうです。

f:id:sublunary-56:20170506172705j:plain

何かの門(説明が雑w


さて、一通り首里城を見学したので、
次なる目的地 ひめゆりの塔へ向かいます。

ひめゆりの塔は、沖縄戦で犠牲になった女学生達の慰霊碑ですね。
沖縄に来たからには、戦争について考えるのも良いことです。

1時間弱車を走らせて到着。
駐車場は無料でした。

f:id:sublunary-56:20170506172724j:plain

食堂で名物のタコライスを頂きます。

f:id:sublunary-56:20170506172746j:plain

ひめゆり学徒隊慰霊碑
献花が200円で売っていたので、お供えして黙祷します。

f:id:sublunary-56:20170506172803j:plain

遠方から。献花がたくさんお供えしてあります。

f:id:sublunary-56:20170506172822j:plain

平和祈念資料館に入ります。

中では沖縄戦に関する様々な展示がありました。(撮影禁止)
想像以上に壮絶な戦いだったようです。

シアタールームで1時間おきに
アニメひめゆり部隊」が上映されていました。
せっかくなので鑑賞します。
(アニメといっても紙芝居みたいな感じでしたw)


ゆっくり見学していたら微妙な時間になったので、
道の駅で少し時間を潰し、レンタカーを返却。
レンタカー屋の送迎バスで、再び那覇空港へ。

 

f:id:sublunary-56:20170506172850j:plain

島豚カツカレーを頂きます。
(普通のカツカレーでした・・w)

空港では台湾滞在中のためのポケットWiFiを受け取ります。
受け取り場所の国際線ターミナルまで歩きました(遠かった^^;)
WiFiの受け取りカウンターには、何故か外国人のスタッフがいましたw
海外のお客さんが多いからかな?

那覇から台北へはLCCバニラエアで行きます。
那覇空港ではLCCターミナルは隔離されたところにあるため、
国内線ターミナルからシャトルバスで移動。

前日に飲み屋の女の子から、
LCCターミナルは倉庫みたいな感じですよw
 なんか、貨物っぽい感じ?w」
みたいなことを聞いていましたが・・

バスはどんどん貨物便の集荷場所のようなところに入っていきます。
不安しかない・・w

着いたところは・・・

f:id:sublunary-56:20170506172910j:plain

ザ・倉庫!!w

 

想像以上に倉庫でしたwww

もともと貨物便の倉庫だったところを、
一部ターミナルに改装したようですね。
扱いがひでぇw

f:id:sublunary-56:20170506172936j:plain

倉庫、もといターミナル内の売店。

ともかく搭乗手続きを済ませます。
お客のほとんどが台湾人でしたw

f:id:sublunary-56:20170506172955j:plain

自販機で買ったお水。
わけあってこれを見て爆笑してしまいました・・w
(理由を知りたい方は個人的に聞いてくださいw)

f:id:sublunary-56:20170506173015j:plain

とても小さな免税店もありましたw

f:id:sublunary-56:20170506173054j:plain

飛行機へは外に出てから歩いて向かいます。
搭乗口から通路が伸びてるところしか知らなかったので、ビックリしましたw
これ雨の時はどうするんだろう・・??

いろいろ面白かったLCCターミナルでしたが、
いざ、憧れの親日国家、中華民国 台湾へ!!


三日目前編へ続く。

 

沖縄経由 台湾一人旅 ~三日目前編 台湾編その1~ - 30代男の一人旅日記